名古屋高速5料金所閉鎖 濃厚接触疑い収受員ら自宅待機

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 22日に新型コロナウイルスの感染が確認された名古屋市の60歳代男性について、名古屋高速道路公社は同日夜、料金収受の委託会社の事務員と発表した。男性と濃厚接触した疑いのある従業員52人を自宅待機させるため、同日から料金所5か所を閉鎖した。

 同公社によると、男性は料金所で収受業務をしていなかったが、濃厚接触の可能性がある料金収受員らに、2週間の自宅待機を指示した。この影響で22日午前9時から、六番南、木場、六番北、船見、烏森の5料金所を閉鎖。23日午前9時からは東海新宝料金所も閉鎖する。

 21日時点で52人の中に体調不良を訴えた人はいないという。

無断転載・複製を禁じます
1067556 0 ニュース 2020/02/23 05:00:00 2020/02/23 05:00:00 2020/02/23 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ