三重県が感染者の職業偽り発表 看護師らを「会社員」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 三重県は12日、新型コロナウイルスの感染者の職業について事実と異なる発表をしていたことを記者会見で明らかにした。

 今月6日に公表した津市の30歳代の女性、8日に公表した同市の60歳代の女性2人、松阪市の70歳代の女性の計4人の職業について会社員としていた。ところが、実際は津市内の診療所に勤める看護師や医療事務員だった。公表にあたり、診療所側の同意が得られなかったことから、双方の話し合いの結果、会社員の表記にしていたという。

 新たにこの診療所で5人目の感染者となる津市の60歳代の看護師女性の感染が判明。診療所のスタッフは医師を含め計7人で、陽性が判明した看護師が勤務していた今月3~5日に計121人の患者が受診した。

 クラスター(感染集団)となり、患者の検査が必要になったことなどを踏まえ、正しい職業に修正した。この診療所は会社組織ではないが、県医療保健部の担当者は「(会社員は)無理があったが、公表にあたり、本人の同意が得られず、勤めているという広い意味で表現してしまった」と釈明している。

無断転載・複製を禁じます
1405998 0 ニュース 2020/08/13 05:00:00 2020/08/13 05:00:00 2020/08/13 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ