愛知警官が覚せい剤事件摘発を捏造 

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

虚偽有印公文書作成などの容疑で書類送検

 知人に協力させて覚醒剤の摘発事件を捏造ねつぞうしたとして、愛知県警は16日、岡崎署地域課の男性巡査部長(36)を覚醒剤取締法違反(所持、譲り渡し)と虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで名古屋地検に書類送検した。県警は巡査部長を同日付で懲戒免職にした。

 県警によると、巡査部長は交番勤務だった今年2月5日と23日、30歳代と40歳代の知人の男に覚醒剤が付着したビニール袋を持たせて、同県岡崎市の路上などで職務質問し、「覚醒剤を見つけて摘発した」とする虚偽の捜査報告書を作成した疑い。また、8月30日に自宅の居室で覚醒剤が付着した袋を所持した疑い。

 知人2人も覚醒剤取締法違反容疑で16日、名古屋地検へ書類送検された。2人への報酬や情報漏えいなどは確認されておらず、巡査部長は「正当な職務質問で検挙した」と否認している。

 巡査部長は昨年3月まで勤務していた蒲郡署では刑事課に所属し、暴力団や薬物関連の捜査を担当。今回の虚偽の摘発で署長表彰も受けていたが、今年3月下旬、パトカーで起こした物損事故を申告していなかったことが発覚。過去の業務内容を調査する過程で、覚醒剤の摘発が架空だったと判明したという。県警は「検挙実績を上げて、刑事に戻りたいとの気持ちがあったのでは」としている。

 県警の依田龍次郎首席監察官は「警察官としてあるまじき行為で、厳正に処分した。指導と業務管理の徹底を図り、再発防止に努めていく」とコメントした。

無断転載・複製を禁じます
1554924 0 ニュース 2020/10/17 05:00:00 2020/10/17 05:00:00 2020/10/17 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ