岡崎市長5万円支給断念 コロナ対策看板公約

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「白紙に戻す」

 新型コロナウイルス対策として全市民に一律5万円を支給するとの公約を掲げて現職を破り、初当選した中根康浩・愛知県岡崎市長が20日、記者会見で現金支給を断念する意向を明らかにした。

 中根市長は市議会に支給のための事業費約195億円を盛り込んだ補正予算案を提案。原資として財政調整基金を全額取り崩すほか、事業目的別に積み立てた5基金を廃止するとしたが、18日の本会議で「今後の市民生活に甚大な悪影響を及ぼす」などとして、反対多数で否決された。

 その後も「支給対象を絞り込むなど、議会に認めてもらえる方法を検討したい」などとしていたが、この日の記者会見で中根市長は「(支給のための)原案は議会で否決されたので白紙に戻す。『減額しても認めない』と言われており、現金配布はできない」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1643004 0 ニュース 2020/11/21 05:00:00 2020/11/21 05:00:00 2020/11/21 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ