読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

コロナ防ぎマーラーに挑む きょう名古屋で市民オケ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

本番を間近に控え、練習に熱が入るオーケストラのメンバーたち(2日、名古屋市東区で)=尾賀聡撮影
本番を間近に控え、練習に熱が入るオーケストラのメンバーたち(2日、名古屋市東区で)=尾賀聡撮影

交響曲第3番

 世紀末のウィーンを代表する音楽家、グスタフ・マーラー(1860~1911年)の大作「交響曲第3番」に、愛知県と山梨県の市民演奏家たちが挑戦する。6楽章からなる全1時間40分の作品には合唱もあり、新型コロナウイルスの感染対策に細心の注意を払って4日、名古屋市東区の愛知県芸術劇場で披露される。メンバーたちは「各楽章に込められたマーラーの世界観を味わってもらえれば」と、本番を心待ちにしている。

残り:826文字/全文:1172文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
2028822 0 ニュース 2021/05/04 05:00:00 2021/05/04 05:00:00 2021/05/04 05:00:00 マスクを着用するなどの感染防止策を取りつつ、マーラーの交響曲を演奏する人たち(2日午後2時21分、名古屋市東区で)=尾賀聡撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210504-OYTNI50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)