愛知の80代女性に1日2回誤接種

 愛知県豊橋市は、市内の高齢者施設で13日に行われた新型コロナウイルスのワクチン接種で、入所者の80歳代女性に誤って2回接種したと発表した。16日現在、女性の体調に異変は確認されていないという。

 市によると、ワクチン接種は施設の食堂で行われた。当初は入所者10人を列に並ばせて接種を始めたが、入所者の負担を減らすため、2人目から、医師がテーブル席を巡回しながら接種する方法に切り替えた。この際、医師が接種後の経過観察のため着席していた女性に本人確認をせずに再び接種したという。医療機関から15日、市に連絡があった。

 ワクチンは米ファイザー社製で、通常は20日程度の間隔をおいて2回目を接種する。同市保健所は「本人確認を徹底し、安全な接種に努めるよう、各医療機関、高齢者施設に周知した」としている。

地域
ページTOP