河村市長給与カットへ 3か月 メダル問題で表明

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 名古屋市の河村たかし市長が東京五輪ソフトボール日本代表の後藤 希友みう 選手の金メダルをかじった問題で、河村氏は16日の定例記者会見で、市長給与3か月(150万円)を全額カットする考えを示した。辞職は否定した。河村氏は給与カットの条例案を9月定例市議会に提出する考えを示しており、市議会で過半数の賛成が得られれば成立する。

 河村氏は記者会見で、ハラスメントに関する講習を13日に受けたことを明かし、「すべて私が悪かった。後藤選手の宝物をかみ、傷つける発言をした」と改めて陳謝した。

 市には、16日夕までに1万4300件を超える批判や苦情が寄せられている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2289374 0 ニュース 2021/08/17 05:00:00 2021/08/17 05:00:00 2021/08/17 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)