読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

リニア中間駅 三重3候補 亀山市提案へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 リニア中央新幹線大阪延伸で建設される三重県の中間駅を巡り、同県亀山市は駅候補地として、JR関西線井田川駅と紀勢線下庄駅、東名阪自動車道の亀山インターチェンジ(IC)をそれぞれ中心とする市内3か所を提案する方針を固めた。

 中間駅を巡っては、亀山市が県内で唯一候補地とすることを要望しており、同市内に設けられる公算が大きい。同市は7日に開かれる建設促進県期成同盟会の臨時総会に、この3案を提案する予定だ。

 関係者によると、同市は今年8月末までに駅候補地の選定のため、民間業者に調査を委託。市内の歴史的資源や土地規制、観光客誘致、交通利便性などを考慮して3か所に絞り込んだ。

 県期成同盟会は亀山市の提案を基に、有識者による調査などを経て、来年夏をめどに1か所に絞り込む。その上で、建設するJR東海に提案する方針だ。

 JR東海は提案を受け、着工の4年ほど前に環境影響評価(アセスメント)の手続きを始める。その際、現在約20キロ・メートル幅の大阪延伸ルート案を3キロ・メートル幅に絞り込む一方、中間駅の候補地も直径5キロ・メートル圏内で示す見通しだ。

 リニア駅はこの後、JR東海が環境アセスメントの手続きを通じて、地質や環境などの状況を考慮して正式決定する。大阪延伸ルートの中間駅は三重県のほか、奈良市付近にも設けられるとみられる。

 ただ、JR東海が「最速で2037年」を目標とする大阪延伸開業は、遅れる可能性が高まっている。

 東京(品川)―名古屋間で、静岡県の川勝平太知事が静岡工区の着工に反対している影響で、27年とする開業の延期が不可避となっており、これが大阪延伸にも響く見通しだ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2423765 0 ニュース 2021/10/07 05:00:00 2021/10/07 05:00:00 2021/10/07 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211006-OYTNI50063-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)