「銀」の熱闘延長戦 高浜の人形工房

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ロコ・ソラーレの活躍にちなんで展示されたカーリングをするひな人形(21日、愛知県高浜市で)=菅野靖撮影
ロコ・ソラーレの活躍にちなんで展示されたカーリングをするひな人形(21日、愛知県高浜市で)=菅野靖撮影

 北京冬季五輪で活躍したカーリング女子日本代表「ロコ・ソラーレ」の試合の様子を再現したひな人形が、愛知県高浜市の「こども人形工房」に登場した。

 市民グループ「人形 小路こみち の会」が2016年から毎年、家庭などで飾られなくなったひな人形を集め、テーマを決めて飾っている。今年はカーリングに注目し、はちまき姿の人形が氷上でブラシでスイープする姿などを表現。今大会の躍進に合わせ、銀メダルをつけた人形も追加で登場させた。

 「明るい気持ちになってもらえたらうれしい。150体が密集しているが、早くこういう世の中に戻ってほしい」と同会の下村和江さん(70)。入場無料で来月6日まで展示している。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2781227 0 ニュース 2022/02/22 05:00:00 2022/02/22 05:00:00 2022/02/22 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220221-OYTNI50078-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)