沖縄への思い 名古屋でも

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 沖縄が本土復帰から50年を迎えた15日、名古屋市中区の東別院ホールでは、復帰からの半世紀の歩みなどについて考える集会が開かれ、約140人が参加した。

 集会では、沖縄在住の人たちのビデオメッセージが放映。オール沖縄会議の高里鈴代共同代表はメッセージで、国内の米軍専用施設の7割が沖縄に集中していることを指摘し、「基地が集中している事実は50年前と一切変わっていない」などと訴えた。

 会の中では、宮古民謡保存会名古屋支部長の松川哲雄さんの 三線さんしん と歌に合わせ、踊り手たち5人による宮古の舞踊も披露された。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3002243 0 ニュース 2022/05/16 05:00:00 2022/05/16 05:00:00 2022/05/16 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)