復刻プリントグラス人気

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

石塚硝子が復刻した「アデリアレトロ」のプリントグラス
石塚硝子が復刻した「アデリアレトロ」のプリントグラス

岩倉の石塚硝子 懐かしさ若者には「新鮮」

 ガラス容器製造の石塚硝子(愛知県岩倉市)が復刻したグラスや容器が人気を集めている。シンプルでカラフルな花柄などがプリントされたグラスに、Z世代と呼ばれる若者らが注目。「昭和レトロ」ブームに乗って、文具や雑貨、食品など異業種とのコラボも相次いでいる。

 同社は昭和30年代半ばにガラス食器シリーズ「アデリア」を発売。花や動物、風船、幾何学模様などをプリントしたグラスもその一つだった。ただ、プリントグラスは昭和の終わり頃には製造を終えていた。

 2018年にグラスや容器を「アデリアレトロ」として復刻した。若手女性社員がSNSのインスタグラムなどに、同社の古いグラスの写真がアップされ、「かわいい」「おばあちゃんの家にあった」などの書き込みがされているのを見つけた。たくさんの「いいね」がついていたため、会社に復刻を提案した。

 同社ハウスウェアカンパニー市販部広報チームリーダーの川島健太郎さん(54)は「提案に携わった社員3人は平成生まれ。私たちの世代は懐かしさを感じるが、彼女たちには新鮮に映ったようです」と話す。発売から3年半で、約90万個が売れるヒット商品となった。

 さらに、これまでは縁のなかった業種からコラボの申し入れが相次いでいる。文具、雑貨、アクセサリー、時計メーカーが、図柄をあしらった商品を発売。今月10日からはコンビニ大手のファミリーマートが、容器にオレンジと黄色の花の図柄をプリントした「なつかしのカスタードプリン」を販売している。

 これまでに30を超える企業とライセンス契約を結んだ。いずれも、相手方から持ちかけられたもので、川島さんは「昭和のデザインにこれほどポテンシャルがあるとは思わなかった。それにSNSの拡散による影響の大きさを改めて知りました」と話している。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3025579 0 ニュース 2022/05/24 05:00:00 2022/05/24 05:00:00 2022/05/24 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220524-OYTNI50008-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)