読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

朗読劇 主役は「照明」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

2月動画公開 白雪姫の世界 光で表現

舞台照明を主役に展開される朗読劇(新居浜市で)
舞台照明を主役に展開される朗読劇(新居浜市で)

 コロナ禍でライブや演劇の公演が難しくなる中、舞台照明を主役にした朗読劇を、新居浜市内のライブハウスのスタッフらが計画している。子どもから大人まで楽しめるようグリム童話「白雪姫」を題材とし、動画を制作して2月17日、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開する。(岩倉誠)

新居浜のライブハウス

 企画したのはライブハウス「ジャンドール」で照明や音響を担当する浜田竜輝さん(29)。昨年4月以降、全てのライブが中止になり、自宅待機を続ける中、本来は演者を支える「裏方」の照明を主役にする舞台を思いついた。

 昨年11月、市在住の演出家梅屋サムさんらに声をかけ、男性ギタリストと女性ボーカルの計4人で制作することになった。

 ステージの中央に1本の白い木を置き、その両脇にスクリーン2枚を配する。一般的な朗読劇と異なって朗読者は登壇せず、音楽担当の2人もスクリーンの裏で演奏する。観客に見せるのはステージ上で動く照明の光だけという趣向だ。

 ロックバンドで活動する浜田さんが、劇中に流す29曲を作曲。梅屋さんの作った台本を読み込みながら、照明の検討を進めているといい、「見る人が白雪姫の姿をイメージできるよう、光が織りなす幻想的な世界を披露したい」と意気込む。

 問い合わせはジャンドール(0897・32・3567)。

無断転載・複製を禁じます
1804218 0 ニュース 2021/01/29 05:00:00 2021/01/29 05:00:00 2021/01/29 05:00:00 舞台照明を主役に展開されるステージ(1月22日午後2時7分、新居浜市徳常町で)=岩倉誠撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210128-OYTNI50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)