読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

カバの赤ちゃん すくすく とべ動物園

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

母親のミミと生まれたばかりの赤ちゃん(手前)=県立とべ動物園提供
母親のミミと生まれたばかりの赤ちゃん(手前)=県立とべ動物園提供

 県立とべ動物園(砥部町)で23日、カバの赤ちゃんが生まれた。父親ハグラー(33歳)と母親ミミ(34歳)の間に誕生した6頭目の赤ちゃん。2018年にも赤ちゃんが誕生したが、直後に衰弱死しており、順調に育てば、10年ぶりの子育てとなる。

 赤ちゃんは、ミミのそばから離れず、獣医師らが近づいて確認することができないため、性別は不明。体長約80センチ、体高約30センチ、体重は約30キロとみられ、水槽の中を泳いだり、母乳を飲んだりしてすくすくと成長しているという。

 県の新型コロナウイルス感染対策に基づき、5月19日まで臨時休園中だが、担当飼育員は「赤ちゃんは、体がずんぐりしていて、目もぱっちりしている。園が再開すれば、かわいい姿をぜひたくさんの方に見に来てほしい」と話す。再開後に命名式なども検討している。

無断転載・複製を禁じます
2018893 0 ニュース 2021/04/29 05:00:00 2021/04/29 05:00:00 2021/04/29 05:00:00 ミミと生まれたばかりの赤ちゃん(手前)(県立とべ動物園提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210428-OYTNI50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)