読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

優しい光跡 幻想的

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

伊予・中山川や支流

飛び交うホタルの光跡(長時間露光、伊予市で)
飛び交うホタルの光跡(長時間露光、伊予市で)

 伊予市中山町の中山川や支流で、ゲンジボタルが淡い光をともして飛び交い、幻想的な光跡が川辺をほのかに照らしている。

 支流の栗田川では9日午後7時30分頃、川辺の茂みで光の点滅が始まり、15分後には川の上を無数のホタルが乱舞。柔らかな光の曲線を描いた後、1時間ほどで辺りは暗闇に戻った。

 ホタルの幼虫を育てるなど数を増やしてきた「伊予中山ホタル保存会」の峯岡安則会長(72)によると、中山川や四つの支流では全域でホタルを見ることができ、あと数日は楽しめるという。

 峯岡さんは「例年よりもすごく多い数のホタルが飛んでいる。優しい光に多くの人が感動し、夏を感じてもらえたらうれしい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
2116320 0 ニュース 2021/06/11 05:00:00 2021/06/11 05:00:00 2021/06/11 05:00:00 水面を輝きながら飛び交うホタル(伊予市中山町の栗田川) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210610-OYTNI50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)