「ウニッコリー」学ぶアプリ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

愛南町ぎょしょく普及推進協

駆除や養殖 ゲーム感覚で

ウニッコリーのアプリを説明する清水さん(愛南町西海支所で)
ウニッコリーのアプリを説明する清水さん(愛南町西海支所で)

 愛南町ぎょしょく普及推進協議会は、地産のブロッコリーや愛南ゴールド(河内 晩柑ばんかん )をエサに養殖したウニ「ウニッコリー」に関するアプリ「ウニッコリーとブルーカーボン」を配信している。スマートフォンやタブレット端末で利用でき、子どもが海の環境問題を楽しく学べるという。

 愛南町の沿岸ではウニの一種「ガンガゼ」が増え、海藻類を食べ尽くす「磯焼け」の原因になる一方、身が少なく、苦みやえぐみもあって食用には適さない。そこで、町や愛媛大がブロッコリーや愛南ゴールドの廃棄部分を与えて養殖したところ、身入りや甘みが増し、「ウニッコリー」として売り出している。

 アプリは、こうした経緯を子どもたちに伝え、海の環境問題について考えてもらおうと、元プログラマーで町水産課課長補佐の清水貴光さん(50)が開発した。

 オリジナルキャラクター「ぎょレンジャー」の指導に従って指で画面をなぞることで、ウニの駆除や養殖をゲーム感覚で楽しめる。藻場や湿地などに炭素が蓄積され、「海の森」とも言われる「ブルーカーボン」も図解している。

 これまでに魚のさばき方を学べるアプリを手がけた清水さんは「コロナ禍が収束したら学校で出前授業を行いたい」と話した。

 アンドロイドのみ対応。アプリストア「グーグルプレイ」で無料ダウンロードできる。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2742716 0 ニュース 2022/02/08 05:00:00 2022/02/08 05:00:00 2022/02/08 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220208-OYTNI50006-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)