人道の港・敦賀1 ユダヤ難民 上陸の史実 

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ユダヤ難民を見た市民への聞き取り調査について振り返る古江さん(敦賀市の「人道の港 敦賀ムゼウム」で)
ユダヤ難民を見た市民への聞き取り調査について振り返る古江さん(敦賀市の「人道の港 敦賀ムゼウム」で)
1930年代の敦賀港。「東洋の波止場」とも称され、国際港として発展した=敦賀市立博物館提供
1930年代の敦賀港。「東洋の波止場」とも称され、国際港として発展した=敦賀市立博物館提供
ユダヤ難民についての証言が得られた場所を記した市街図。敦賀港から敦賀駅へと向かった経路も判明した=日本海地誌調査研究会提供
ユダヤ難民についての証言が得られた場所を記した市街図。敦賀港から敦賀駅へと向かった経路も判明した=日本海地誌調査研究会提供

 明治から昭和初期にかけて、敦賀港は大陸と定期航路で結ばれ、国際港として栄えた。1920年代にポーランドの孤児、40年代にはナチス・ドイツの迫害から逃れるユダヤ難民が上陸し、敦賀の人々が受け入れた。ウクライナの惨状に胸を痛める今、温かい史実が残る「人道の港・敦賀」に学びたい。(桑田睦子)

湖国の発酵1 微生物と育む文化

欧州とのつながり 敦賀港には1902年(明治35年)、ロシア・ウラジオストクとの定期航路が開設。「欧亜国際連絡列車」が東京から乗り入れ、シベリア鉄道経由で欧州と行き来する客でにぎわった。40~41年、ユダヤ難民はシベリア鉄道でウラジオストクまで移動し、敦賀港に上陸。リトアニア・在カウナス日本領事館の領事代理だった杉原 千畝ちうね (1900~86年)が発給した「命のビザ」を携えていた。

 「敦賀駅がユダヤ人であふれていた」「リンゴをあげた少年は私の兄です」「朝日湯が銭湯を無料開放した」――。2008年に開館した敦賀市の資料館「人道の港 敦賀ムゼウム」では、難民を見かけた市民が寄せた証言を紹介している。

 「市民がどう関わったかを明らかにしたかった。当時の市街図にまとめると、難民が駅に向かった経路もわかった」。地元の郷土史グループ「日本海地誌調査研究会」で06年に証言を集める調査を進め、ムゼウム初代館長を務めた古江孝治さん(71)はそう振り返る。

証言集め 「ユダヤ難民は敦賀港に上陸し、汽車で神戸や横浜に移動した」。研究書には簡単な記述しかなく、地元でもかつてはあまり知られていなかった。1999年、開港100周年記念事業「つるが・きらめきみなと博21」が開かれた。市職員だった古江さんは実行委員会事務局を務め、杉原ゆかりの地・岐阜県八百津町が保管していた「命のビザ」を会場で展示。ユダヤ難民に関する史実が注目を集めた。

 知人の研究者に「敦賀であったことを地元で調べてほしい」と言われた古江さんは、市史や市広報紙、新聞記事などを独自で調査。同研究会の会長だった元国鉄職員の井上脩さん(故人)から、「駅でユダヤ難民を見た。他にも見た人を知っている」と聞き、休日に調べ始めた。

 当時を知る人が少なくなる中、「歴史の空白を埋めよう」と、同会で難民の目撃証言を探すチームを結成。29人から33件の証言が集まった。唯一の物証、腕時計も見つかった。難民が換金のため敦賀駅前の時計店で売ったものを、店主の娘だった女性が持っていた。

 集まった証言の一部は2006年、関西からの新快速乗り入れに合わせて敦賀鉄道資料館に展示。1か月間の予定だった会期を何度も延長したほど反響が大きく、ムゼウムの開館につながった。

天国のよう 敦賀を訪ねる元難民やその子孫もいる。20年秋にムゼウムが現在地に移転した際には、コロナ禍で来日できない元難民らが、敦賀への感謝を込めたビデオメッセージを寄せた。

 「敦賀の人々の優しさは、当時、私たちが最も必要としていたもの。決して忘れることはありません」

 「祖母から敦賀の人々が温かく歓迎してくれた話を聞いて育ちました。心から感謝申し上げます」

 難民の子どもが広場で走り回るなど安心感を得られた敦賀を、「天国」に例えた難民もいる。古江さんは「難民に優しく接した『人道の港』の史実を、多くの人に知ってほしい」と願う。

        

 ニュースをわかりやすく伝える「New門@福井」。3月は「人道の港・敦賀」をテーマに連載します。

<命のビザ> リトアニア領事代理だった杉原千畝が1940年、数千人のユダヤ難民に独自の判断で発給した日本の通過ビザ。大半は敦賀に上陸後、神戸や横浜を経て米国などに逃げた。無許可でビザを発給した杉原は戦後に外務省を追われたが、85年にイスラエル政府が「諸国民の中の正義の人賞」を授与し、再評価された。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2835794 0 New門@福井 2022/03/15 05:00:00 2022/03/15 10:18:25 2022/03/15 10:18:25 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220314-OYTAI50006-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)