読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

県内大雪の恐れ 警戒を

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

29、30日 北陸道通行止めも

 福井地方気象台は28日、北陸地方の上空に強い寒気が流れ込む影響で、県内で29、30両日に大雪となる恐れがあると発表した。平野部でも積雪が予想されており、県などは「交通障害が起きる可能性があるので、不要不急の外出は控えてほしい」としている。

 同気象台によると、29日午後6時までの「24時間降雪量」は、多いところで、嶺北平野部で10センチ、山間部で40センチ、嶺南平野部で5センチ、山間部で40センチ、奥越で50センチと予想されている。30日午後6時までは、平野部で5~10センチ、山間部で20~40センチとやや落ち着く見込みという。

 大雪の見通しを受け、県はこの日、同気象台や中日本高速道路など関係機関で構成する「大雪に関する連絡調整会議」を県庁で開催。県民や県内企業に対し、▽雪が降る前に食料やガソリンを用意する▽積雪時は車の利用を控える▽従業員のテレワークや休暇取得に努める――などを呼びかけた。

 また、今月前半の大雪で計1600台の車両が立ち往生した北陸自動車道について、中日本高速道路は、30日にかけて県内全区間を通行止めにする可能性があると発表。同社は「冬用タイヤの装着やチェーンの携帯をお願いする」とした上で、「ホームページなどで最新の情報を確認してほしい」としている。

無断転載・複製を禁じます
1803965 0 ニュース 2021/01/29 05:00:00 2021/01/29 05:00:00 2021/01/29 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)