読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

基礎疾患調査票を発送

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

福井市、接種対象12~59歳

 福井市は10日、新型コロナウイルスのワクチン接種を巡り、基礎疾患の有無を問う調査票の発送を始めた。12~59歳の市民約14万人が対象で、基礎疾患がある人が21日までに返送すれば、7月中旬から下旬をめどに接種券が届き、すぐに予約した場合、8月初旬にも優先接種を受けられる。

 調査票では「基礎疾患があり入院または通院しているか」「BMI(体格指数)が30以上ある」などを尋ねる。該当者が回答欄にチェックして返送すれば接種券が届き、予約が可能になる。

 10日は16~59歳(約13万人)宛てに発送した。国が対象年齢を16歳以上から12歳以上に引き下げたため、11日には、12~15歳(約1万人)にも発送する。

 基礎疾患がある人の優先順位は、医療従事者、65歳以上の高齢者に次ぎ、60~64歳、高齢者施設で働く人に並ぶ。市ワクチン接種推進課は「調査によってスムーズなワクチン接種につなげたい」としている。

無断転載・複製を禁じます
2115957 0 ニュース 2021/06/11 05:00:00 2021/06/11 05:00:00 2021/06/11 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)