<おしえて参院選@福井2>議院の継続性を保つ 

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

3年ごとに半数の改選

 参議院の任期は6年で、3年ごとに全議員の半数が改選となります。今回の参院選では、定数の半数に当たる改選定数124に、神奈川選挙区の非改選の欠員1を補う「合併選挙」を合わせた125議席が争われます。

 一度に全員を改選するのではなく、半数ずつとしているのは、議院の継続性を保つことなどが目的です。ある政党が大勝したとしても、非改選の議員がいるため、衆院ほど一度に勢力が大きく入れ替わりにくいとされています。

 2019年の前回の改選で、福井選挙区(改選定数1)では自民党の滝波宏文氏(50)が当選しました。同選挙区では、1992年から前回選まで10回続けて自民党公認の候補が当選しています。参院議員になると、本会議や委員会などに出席し、審議や意思決定などを担います。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3111772 0 ニュース 2022/06/25 05:00:00 2022/06/25 05:00:00 2022/06/25 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220624-OYTNI50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)