ダブル選備え 2選管入念

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

期日前投票所に設置された越前市議選の投票箱(左)。参院選の投票箱もある(越前市で)
期日前投票所に設置された越前市議選の投票箱(左)。参院選の投票箱もある(越前市で)
参院選のポスター掲示板(奥)と並んで設置された越前市議選の掲示板(越前市で)
参院選のポスター掲示板(奥)と並んで設置された越前市議選の掲示板(越前市で)

越前市議、永平寺町議 投票率アップ期待

 越前市議選(定数22)は3日、永平寺町議選(同14)は5日に告示される。立候補者が定数を上回って選挙戦となれば、両市町では10日投開票の参院選とのダブル選が始まる。二つの選挙の投票を一度に済ませようと考える有権者が多いのか、両市町の参院選の期日前投票は低調だが、今後は選挙ムードの高まりが期待される。(佐藤祐介、門前光)

候補乱立 批判票分散

 参院選は6月22日に公示され、翌23日に期日前投票がスタート。県選挙管理委員会によると、28日までの投票者数は越前市で196人。3年前の前回選の同時期の4分の1にとどまっている。永平寺町では373人と前回比で8・7%増えた。県全体では前回比で23・7%伸びていることからすれば、両市町での低さが目立つ。

 越前市選管は、市議選の期日前投票が始まる前に有権者が参院選の投票をすると、市議選の投票には行かなくなることを懸念。期日前投票所はあえて1か所に絞っていたが、今月4、7日に1か所ずつ増設する。市民から問い合わせがあれば、両選挙をまとめて投票できる4日以降を勧めてきた。

 担当者は「連日の猛暑もあり、『参院選は投票したから、市議選はもういいや』となる事態を避けたかった。ダブル選では相乗的な投票率アップが見込まれるが、メリットが薄れてしまう」と話す。

 永平寺町では3か所の期日前投票所を開設済みで、参院選の投票についても例年並みに啓発してきた。担当者は投票率が伸び悩む原因について「町議選と一緒に投票しようと、控えている町民がいるのかもしれない」との見方を示した。

 2市町では、市議選、町議選が選挙戦になれば、開票の際、参院選の選挙区と比例選、市町議選の計3種類の投票用紙を数えることになる。業務量が増えるため、選管は入念に準備を進めている。

 永平寺町では、作業にあたる職員を前回の参院選より20人程度増やす。開票会場も前回は「永平寺緑の村ふれあいセンター」の多目的ホールだったが、より広い体育館にした。

 越前市では、投票所の事務を担った職員が、開票作業にも携わる〈ダブルヘッダー〉を実施。作業が早く終わった職員は随時、未確定の選挙の開票作業に加勢するとしており、8日には開票作業のリハーサルをして手順を確認する。

 2市町とも3種類の開票作業を並行して進め、結果の早期確定を目指す。

 異なる選挙を同時に行うことで懸念されるのが、投票ミスだ。越前市では投票所を訪れた人に対し、職員が選挙人名簿で参院選の期日前投票の履歴を確認。投票済みの場合は市議選だけを案内するが、万が一履歴を見落とした場合、有権者が参院選に2度投票してしまう恐れがあるという。

 両市町にとってダブル選は12年ぶり。越前市選管は「久しぶりなのでミスがないよう確認を徹底したい」と気を引き締めている。

【リアルタイム更新中】参院選 開票速報
参院選 福井選挙速報・開票結果【随時更新】
スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3134236 0 ニュース 2022/07/03 05:00:00 2022/07/03 05:00:00 2022/07/03 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220702-OYTNI50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)