福井―森田 新駅3候補地

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

並行在来線 福井市が検討会議

 2024年春の北陸新幹線金沢―敦賀間延伸に伴ってJR西日本から経営分離される県内の並行在来線(現・JR北陸線)について、福井市が市内の新駅に関する検討会議を設けた。

 新駅は福井―森田駅間での設置が検討されており、福井駅側から順に〈1〉開発踏切付近〈2〉大願寺地下道付近〈3〉近町踏切付近――の3か所が候補地となっている。

 検討会議は大学教授のほか、交通事業者や福井商工会議所、県高校PTA連合会の代表らで構成。メンバーは6月30日、各候補地を視察し、市の担当者から周辺環境などの説明を受けた。続いて開いた第1回会議では、先行事例として「えちごトキめき鉄道」(新潟県上越市)の担当者が現状を報告した。

 市は今月中に沿線の利用者ら1500人にアンケートを実施し、検討材料とする。年内に会議として候補地を絞り込み、来年3月までに並行在来線会社「ハピラインふくい」に提案するとしている。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3136457 0 ニュース 2022/07/04 05:00:00 2022/07/04 05:00:00 2022/07/04 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220703-OYTNI50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)