読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[道あり]カウンターテナー歌手 米良美一さん<8>前を向いて今を生きる

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「ずっとステージに立って歌い続けたい」と語る米良美一さん(4月27日、宮崎県西都市で)=田中勝美撮影
「ずっとステージに立って歌い続けたい」と語る米良美一さん(4月27日、宮崎県西都市で)=田中勝美撮影

 スランプは、自分に向き合い、ありのままに生きるという気持ちで克服した。コンサートや講演会で自分の経験を語り、テレビ番組などにも積極的に出演。「おしゃべり」という明るいキャラクターが、広く知られるようになった。自分を作り直し、生まれ変わったつもりで精力的に活動した。

 そんな折、再び病が襲った。2014年12月、くも膜下出血を起こし東京の自宅で倒れているところをマネジャーに発見され、救急搬送された。もう少し遅ければ命に関わっていたほどで、3回の開頭手術を受けた。懸命なリハビリの結果、15年9月には復帰。昨年の1月にも骨が折れやすい「先天性骨形成不全症」の影響で足の靱帯じんたいを断裂した。毎回、懸命にリハビリに取り組めるのは「自分の足で立ってステージに戻る」という強い思いがあるからだ。

 40歳を過ぎて、歌との向き合い方にも変化があった。「以前は聴いている人のために歌う」と考えていたが、「まず、自分の心を歌で満たすことが大事。自分の心からあふれた歌が、お客さんにも届くんじゃないか」と感じるようになった。

 自分を一躍有名にし、その後の苦悩のきっかけにもなったアニメ映画「もののけ姫」。その主題歌は、今でもコンサートでは必ず披露する。里に生きる少年と、山に生きる少女との関わりを描いたストーリーに自分の生い立ちを重ねてきた。

 「過去の自分を受け入れながら、今を生きろということだと解釈するようになりました」

 自分が歌い、前を向いて生きていく姿を見せることで誰かを勇気づけられれば、この上ない喜びとなる。

 「だから苦しいことがあっても、ステージに立ち続けようと思う」。人なつっこい笑顔でそう言った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2094566 0 道あり 2021/06/02 05:00:00 2021/06/02 10:32:27 復帰に向けて抱負を語る米良美一さん(4月27日、宮崎県西都市で)=田中勝美撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210602-OYTAI50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)