北東北の魅力伝え20年 天神・みちのく夢プラザ

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 青森、秋田、岩手県の合同のアンテナショップ「みちのく夢プラザ」(福岡市・天神)が5日、開設20周年を迎え、記念イベントが始まった。11日までの期間中、郷土芸能の披露や地元料理の振る舞いなどが企画されている。

 プラザは1999年、明治通り沿いの住友生命福岡ビル1階にオープン。農林水産物をはじめ、地酒や菓子、工芸品など約1200品目を販売している。観光パンフレットを備えた情報提供コーナーもある。

 記念式典では、岩手県の保和衛たもつかずえい副知事が「福岡や九州の皆さんに受け入れられ、この店も二十歳になった。北東北の魅力に触れてほしい」とあいさつ。関係者がくす玉を割って祝った。津軽三味線の演奏もあり、雰囲気を盛り上げた。

 6日は「なまはげ太鼓」、7日は「盛岡さんさ踊り」を披露。8日は八戸せんべい汁、10日はきりたんぽを各日2回、先着50人ずつに振る舞う。問い合わせはプラザ(092・736・1122)へ。

425451 1 ニュース 2019/02/06 05:00:00 2019/02/06 05:00:00 2019/02/06 05:00:00

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ