使用済み1日券 地下鉄4駅員不正使用、懲戒解雇

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福岡市交通局は8日、市地下鉄・福岡空港駅の男性駅員4人(50~60歳代)が、勤務中に拾うなどした1日乗車券(620円)を計118回にわたり不正使用していたと発表した。

 発表などによると、4人は駅業務を受託するJR九州の子会社「JR九州サービスサポート」(福岡市博多区)に所属。昨年4月~今年1月、乗客が使用後に改札口周辺に捨てた1日乗車券を拾うなどし、自分の帰宅に使っていた。

 利用客から「福岡空港駅で使用済みの切符を駅員がポケットに入れるのを見た」と交通局にメールで情報提供があり、同社の調査で不正が判明。同社は6日付で4人を懲戒解雇処分にした。他の駅員98人も調査したが、同様の不正は確認されなかったという。

 交通局は規定に基づき算出した約26万円を同社に損害賠償請求し、同社は4人に支払いを求める方針。市は同社を8日から4か月間の競争入札参加停止にした。

 同社は「利用客に不安を与えて申し訳ない。社員教育を徹底し、再発防止に努める」としている。

436933 1 ニュース 2019/02/09 05:00:00 2019/02/09 05:00:00 2019/02/09 05:00:00

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ