コルクボード800枚学校に贈る 飯塚オートレース・井上選手

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

西教育長(右)にコルクボードを手渡す井上さん
西教育長(右)にコルクボードを手渡す井上さん

 飯塚オートレース選手会に所属する井上秀則選手(51)が25日、コルクボード約800枚を飯塚市立の小中学校23校に寄贈した。

 井上選手は同市出身で、オートレース選手として活動する傍ら、2年前から廃品回収業を開始。引っ越しの際に出る不用品の回収や遺品整理を行っており、回収した物品は海外へ輸出するなどして再利用している。

 コルクボードは、閉店した店舗から在庫整理の依頼を受けて回収した商品の一部。大、中、小の三つのサイズがあり、「育ててもらった飯塚市に恩返ししたい」と寄贈を決めた。

 市役所で行われた贈呈式では、井上さんが西大輔教育長にコルクボードを手渡した。井上さんは「子どもたちの教育に役立ててほしい」と話し、西教育長は「プリントを掲示する際などにとても役立つ。ありがたい」と感謝していた。

462435 0 ニュース 2019/02/26 05:00:00 2019/02/26 05:00:00 2019/02/26 05:00:00 西教育長(右)にコルクボードを手渡す井上さん https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190226-OYTNI50001-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ