福岡国際医療福祉大が開学

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 リハビリテーション専門職を養成する福岡国際医療福祉大が福岡市早良区に開学し、6日、初めての入学式が開かれた。1期生約160人が臨み、新生活への一歩を踏み出した。

 同大は、同市の学校法人「高木学園」が運営。理学療法士と作業療法士、視能訓練士の国家資格受験資格が得られる4年制の「医療学部」と、言語聴覚士の同資格を得られる2年制の「言語聴覚専攻科」がある。

 式では、今泉勉学長が「新しい大学の伝統と文化を一緒に創っていこう。生命の尊厳、生命の平等という建学の精神のもと、体や心を病んでいる人に対し、共感することを忘れないでほしい」と激励した。

 医療学部の佐野綾香さん(18)が新入生を代表し、「元号が代わる節目の年。強い思いを持って勉学に励み、様々な活動に積極的に取り組むことを誓います」と述べた。

525064 0 ニュース 2019/04/07 05:00:00 2019/04/07 05:00:00 2019/04/07 05:00:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ