桃太郎像 戦禍から守った機転 原賀さんが絵本に

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「桃太郎像の物語を通して、新しい時代をどう生きるかを考えてほしい」と話す原賀さん
「桃太郎像の物語を通して、新しい時代をどう生きるかを考えてほしい」と話す原賀さん

 北九州市小倉北区の到津遊園(現・到津の森公園)に設置されていた銅像「桃太郎」の戦争にまつわるエピソードを知ってもらおうと、同市小倉南区の絵本作家、原賀いずみさん(60)が絵本「ももたろうからのてがみ」(子どもの未来社)を出版した。大分県玖珠町出身の児童文学者、久留島武彦(1874~1960年)の発案で作られた像が戦禍を免れ、同町に移された歴史を描いている。(饒波あゆみ)

 久留島は「日本のアンデルセン」と呼ばれ、童話を語り聞かせる活動に取り組んだ。犬や猿、キジと協力して鬼を退治した桃太郎から、「違いを認め、支え合う」を教育理念としていたという。募金を集めて桃太郎像を3体作り、うち1体を1938年、活動場所の一つだった到津遊園に設置した。

 第2次世界大戦が始まると、金属の像は武器などに転用する目的で国に回収されそうになった。しかし、園の職員は「子どもたちと一緒に見送りたい。手を引いてくれ」と業者を追い返した。

 終戦後は、連合国軍総司令部(GHQ)から「戦意高揚に使われた」との理由で壊すよう命じられたが、職員が倉庫に隠して守った。49年、久留島の故郷に童話碑が建てられることになり、園から同町へ移された。

 絵本は、こうした経緯を桃太郎像自身が手紙につづる形で物語が進む。像が同町の駅に到着した際、約1000人の子どもたちが出迎え、設置場所の旧久留島氏庭園まで行進したことも描いている。

 原賀さんは、父がかつて到津遊園の園長を務め、幼い頃から園に親しんだ。3年ほど前、当時の玖珠町の子どもたちが像を歓迎する写真を見て、「こんなにも愛されていたのか」と驚き、後世に語り継ぎたいと、文献調査や取材を重ねた。

 他の2体は現存せず、戦時中に回収されたとみられる。原賀さんは「像のたどった歴史や守り抜いた人たちの思いを知り、平和について考えてほしい」と話している。B5判40ページ、1300円(税別)。福岡、大分両県の書店やインターネット書店で購入できる。問い合わせは原賀さん(090・8224・3115)へ。

540429 0 ニュース 2019/04/17 05:00:00 2019/04/17 05:00:00 2019/04/17 05:00:00 「80年以上前に作られた像を通し、新しい時代をどう生きるかも考えてほしい」と話す原賀さん https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/04/20190416-OYTNI50042-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ