自転車で巡る自然と食 飯塚・嘉麻・桂川、9月15日イベント

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

サイクリングイベントのPRポスターを手にする穂坂委員長
サイクリングイベントのPRポスターを手にする穂坂委員長

 飯塚、嘉麻、桂川の2市1町を舞台にした初のサイクリングイベント「TOUR・DE・KAMA(ツール・ド・カマ)」が9月15日に開かれる。遠賀川沿いや八木山などを巡る自然豊かなコースで、休憩ポイントでは地元の食を味わってもらう。(有馬友則)

 2市1町の行政や地元住民らでつくる実行委員会と飯塚青年会議所などが、観光振興や交流人口の拡大につなげようと初めて企画。飯塚オートレース場(飯塚市)の第5駐車場を発着点に、ロングコース(約120キロ)とショートコース(約60キロ)で行う。

 ロングコースは、桂川町の国特別史跡・王塚古墳や、「日本山岳遺産」に認定されている嘉穂アルプス(嘉麻市)なども巡る。ショートコースは主に飯塚市内を走る。途中に3~6か所の休憩ポイントを設け、地元産の菓子や果物、弁当などを提供。ロングコースは午前8時、ショートコースは同8時半にスタートする。

 発着点の第5駐車場では午前10時~午後5時、「サイクルEXPO」を開催。自転車の試乗や関連グッズの販売などがある。また、足で地面を蹴って進む子ども向けのランニングバイクのレースも行われる。

 実行委の穂坂貴彦委員長は「自転車愛好家をはじめ家族連れなど多くの人に、嘉飯桂地域の魅力を知ってもらいたい」と話している。

 ロングコースは中学生以上で定員400人、ショートコースは小学4年以上で同100人。参加費はそれぞれ6500円と5000円。雨天決行。7月31日までにイベントのホームページ(https://tour-de-kama.com/)から申し込む。問い合わせは飯塚青年会議所(0948・23・0292)へ。

無断転載禁止
706685 0 ニュース 2019/07/25 05:00:00 2019/07/25 05:00:00 2019/07/25 05:00:00 サイクリングイベントのPRポスターを手にする穂坂委員長 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190724-OYTNI50022-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ