専門店街29日オープン 岩田屋久留米店入居ビル

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

先行オープンした「久留米ビージェイガーデン」のフロア
先行オープンした「久留米ビージェイガーデン」のフロア

 久留米市の岩田屋久留米店が売り場を縮小した後のフロアに、専門店街「久留米ビージェイガーデン」が29日、グランドオープンする。婦人服を中心とした品ぞろえで、地元の物産を取り扱う催事も打ち出す。関係者は「筑後地方を中心とする集客につなげたい」としている。

 専門店街を運営するのは、ビル所有会社の「米城ビルディング」。岩田屋久留米店は1972年から、西鉄久留米駅東口にある同社のビルで営業してきたが、売り場縮小による収支改善を目的に今秋、地下1階~地上10階のうち6~8階を閉鎖し、同社に返上していた。

 3フロアの売り場面積は3683平方メートル。岩田屋久留米店で営業していた店を中心に23店舗が入る。婦人服を充実させるほか、家具などリビング用品にも力を入れる。乳幼児のいる子育て世代に向け、授乳やおむつ替えのスペースを拡充した。

 また、各フロアのエレベーター前には催事用の空間を作った。夕方までや、週末のみなど開催時間や期間の設定を増やし、地元の物産の販売業者にも出店を促す。

 6階は20日、一部店舗が先行オープン。7、8階も順次オープンする。グランドオープンから3日間は、記念の催しをするほか、各日先着500個の紅白まんじゅうを配る。

 専門店街の中村謙二店長は「岩田屋久留米店と協力して駅東口のにぎわいづくりに貢献し、地域に喜ばれる店づくりを進めたい」と話している。

無断転載禁止
909545 0 ニュース 2019/11/21 05:00:00 2019/11/21 05:00:00 2019/11/21 05:00:00 プレオープンした「久留米ビージェイガーデン」のフロア https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191120-OYTNI50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ