臥龍梅早めの開花 大牟田・普光寺

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

見頃を迎えた普光寺の臥龍梅
見頃を迎えた普光寺の臥龍梅

 大牟田市今山の普光寺で、県指定天然記念物「臥龍梅がりゅうばい」が見頃を迎えた。今年は暖冬の影響で開花が早く、境内に甘い香りが漂っている。

 同寺によると、枝ぶりが地に横たわる竜のように見えることから臥龍梅と呼ばれるようになった。地面に垂れた枝が新たに根を張って枝分かれしており、全長約28メートル。樹齢は推定450年余りとされる。

 境内では、飛梅やしだれ梅など30種の梅約200本も満開で、同寺は「例年より早めに足を運んでほしい」と呼びかけている。

 3月1日まで、臨時駐車場を用意する予定。観梅料は中学生以上300円。開花状況などは、大牟田観光協会のホームページで確認できる。問い合わせは同協会(0944・52・2212)へ。

無断転載禁止
1061895 0 ニュース 2020/02/20 05:00:00 2020/02/20 05:00:00 2020/02/20 05:00:00 見頃を迎えた普光寺の臥龍梅 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200219-OYTNI50037-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ