タマスタ「球春」遠のく 二軍公式戦、無観客練習試合に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「払い戻し受付中」と掲示されているタマスタのチケット売り場
「払い戻し受付中」と掲示されているタマスタのチケット売り場

 新型コロナウイルスの影響で、13、14日から始まる予定だったプロ野球二軍の公式戦は3月中、無観客の練習試合となる。筑後市の「タマスタ筑後」で13日から予定されていた福岡ソフトバンクホークスのウエスタン・リーグ開幕3連戦も同様で、ファンが待ちわびる同球場での「球春」は遠のいた。

 タマスタでは現在、ホークスの二軍春季教育リーグ対阪神戦が無観客で行われている。今月3日に予定されていた対ヤクルト一軍オープン戦は福岡市のペイペイドーム(ヤフオクドームから改称)に変更され、無観客試合となった。

 二軍の公式戦はタマスタで13~15日に対中日3連戦、20、21日に対広島2連戦が予定されていた。両カードとも練習試合として無観客で行われる。

 筑後市は開幕3連戦で市民を対象にチケット計70組140枚をプレゼントするとして公募。約600人から応募があり、抽選で当選者に送付済みだった。無観客の決定を受け、市商工観光課は10日、チケットが無効になったことを知らせるはがきを送る作業に追われた。

 この時期は、卒業生とのお別れ遠足や新入生の歓迎遠足でタマスタを見学する児童も多いが、球場は見学の受け入れも中止している。市商工観光課は「日程通りの開幕は厳しいとは思っていたが残念。活躍している新入団選手も多く、一刻も早く選手たちの活躍を球場で見ることができるようになってほしい」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
1100553 0 ニュース 2020/03/11 05:00:00 2020/03/11 05:00:00 2020/03/11 05:00:00 「払い戻し受付中」と掲示しているタマスタ筑後のチケット売り場 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200310-OYTNI50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ