フェースシールド 大牟田の会社製作

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの医療現場での感染リスクが問題になる中、大牟田市四山町のゴム製品加工会社「九州パッキング製作所」が、飛沫ひまつ感染を防ぐ医療従事者向けのフェースシールド3000枚を製作した。ゴムやウレタンなどを加工する技術を生かしたもので、5月1日にも大牟田医師会に寄贈する。

 同社の兼行民治郎社長(41)によると、医師として医療現場で働く親族から、発熱した患者を診察する際の不安などを聞き、「感染リスクの高い医療現場のために何かできないか」と考えた。インターネットで情報収集したところ今月中旬、米・ニューヨーク大学が医療用フェースシールドの作り方を公開しているのを知った。自社工場にある型抜き用のプレス機などで作れることから早速、20人の従業員総出で製作した。

 シールドは、透明度の高い厚さ約0・2ミリのフィルムを使用。顔全体を覆える大きさに型抜きし、上部の両端に開けた穴にシリコンチューブを結びつけるなどしており、簡単に装着できる。フィルムはアルコール消毒も可能で、1枚あたり数回は使用できるという。

 兼行社長は「少しでも感染を防ぐ力になれたらうれしい」と期待。大牟田医師会は「(感染防止の)医療物資が不足する中、大変ありがたい。市民の安心安全のために活用したい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1193861 0 ニュース 2020/04/30 05:00:00 2020/04/30 05:00:00 2020/04/30 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ