読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

アマビエ全国から115点 久留米の漫画家、動画で配信

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

公開されているアマビエのイラスト(ユーチューブより)
公開されているアマビエのイラスト(ユーチューブより)

 漫画家で会社員の平本龍之介さん(40)(久留米市西町)が、公募で集めた妖怪「アマビエ」のイラストを、動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信している。新型コロナウイルスの終息を願って全国から寄せられた作品が、視聴者の反響を呼んでいる。

 アマビエは、江戸時代に肥後(熊本県)の海に現れたと伝わり、人魚のような体と長い髪にくちばしを持つのが特徴。疫病の流行を封じるとされ、SNSなどで話題になっている。平本さんは耳に障害を抱えており、「障害や国籍にかかわらず、みんなで描いて今を乗り越えたい」と公募を思いついた。4月22日からインスタグラム(haohiramoto)などで作品を募り、これまでに全国から115点の作品が届いた。

 イラストは動画に編集して字幕の説明も添え、5月8日からユーチューブで公開。「疫病退散」といったメッセージが付いた色彩豊かな作品が並び、視聴者は「感動した」「勇気をもらった」などとコメントを寄せている。平本さんは「暗い話題ばかりの世の中に癒やしや希望を届ける一助になればうれしい」と話している。

 問い合わせは平本さんのメール(ryunosukehiramoto@yahoo.co.jp)へ。

無断転載・複製を禁じます
1283855 0 ニュース 2020/06/18 05:00:00 2020/06/18 05:00:00 2020/06/18 05:00:00 公開されているアマビエのイラスト https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200617-OYTNI50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)