「鬼滅」聖地、絵馬でPR 筑後で販売

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 筑後市の溝口竈門かまど神社を人気漫画「鬼滅きめつやいば」の「聖地」としてPRしようと、神社に奉納する絵馬が同市内で販売されている。

 漫画では主人公の「竈門炭治郎」が「溝口少年」と呼び間違えられるシーンがあり、ファンらの間で「溝口竈門神社が聖地ではないか」と言われている。

 神社では好きなキャラクターにふんして集うコスプレイベントが3月に予定されていたが、新型コロナウイルスの影響で延期された。その後、市民らが「鬼滅・筑後市聖地化を考える会」を設立。地元の宿泊施設や飲食店の関係者らと意見交換する中で、漫画のキャラクターを描くなどして奉納できる絵馬の販売が発案されたという。

 絵馬は市観光協会が神社の氏子らの了解を得て製作。同協会や川の駅船小屋「恋ぼたる」、宿泊施設「筑後船小屋公園の宿」で、1枚600円(税込み)で販売している。同協会は「集客につながるように様々な取り組みを展開していきたい」としている。問い合わせは同協会(0942・53・4229)へ。

無断転載禁止
1298834 0 ニュース 2020/06/25 05:00:00 2020/06/25 05:00:00 2020/06/25 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

東京都知事選2020特集ページ
一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ