沖縄アンテナ店「わした」5日まで コロナで売り上げ減響く

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福岡市博多区の上川端商店街で沖縄県産品を販売する「わした博多店」が、5日に閉店する。新型コロナウイルスの影響による売り上げの減少が大きな要因という。同県物産公社(那覇市)が扱うアンテナショップとしては九州で唯一だっただけに、店には惜しむ声が寄せられている。

 福岡市では1996年6月、天神に公社の直営店として「わしたショップ」がオープン。約20年にわたり営業したが、2016年5月に閉店した。その後、顧客から再開を望む声が上がり、同市の医療機器販売会社が公社と特約店契約を結び、同年8月に「わした博多店」をオープン。泡盛や食料品、菓子などを取り扱ってきた。

 しかし、店によると、新型コロナウイルスの影響で来店者が大幅に減少。4月下旬~5月上旬に臨時休業したこともあり、4、5月の売り上げは前年の半分程度に落ち込んだという。

 店では現在、閉店セールを実施中。海老名浩之店長(50)は「天神の店のあとを受けて再オープンしただけに、今回の閉店は残念だ。来店者からも『なぜ閉めるのか』『続けてほしい』といった声が寄せられている」と話す。

 公社の担当者は「福岡には沖縄ファンが多く、拠点を置きたい考えはあるが、今後については状況を見ながら検討していきたい」としている。問い合わせは、わした博多店(092・409・5580)へ。

無断転載・複製を禁じます
1314060 0 ニュース 2020/07/02 05:00:00 2020/07/02 05:00:00 2020/07/02 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ