被災地へ善意のランドセル 大牟田の団体に次々届く

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

寄せられたランドセルの状態を確認する松井さん
寄せられたランドセルの状態を確認する松井さん

 九州を襲った豪雨で浸水被害を受けた大牟田市などの子どもたちに役立ててもらおうと、同市の国際交流団体「フォーリナーサポートクラブ」に中古のランドセルが次々と寄せられている。フィリピンに中古を送る活動を続けるクラブに託される善意。代表の松井小百合さん(65)は「子どもたちにしっかりと届けたい」と話している。

 「浸水被害に遭い、ランドセルをなくした子どもがいる」「被災地域にランドセルを届けてほしい」――。

 大牟田市立みなと小の校区一帯が大規模な浸水被害を受けた頃から、松井さんのもとにはこんなメールや電話が市内外から相次ぎ、中古のランドセルが持ち込まれるようになった。そこでクラブは同小をはじめ、各地の被災した児童たちに贈ることにした。

 ただ、今月13日までに届いたランドセルは15個ながら、フィリピンに送る分も含め、クラブの保管場所は満杯状態。取り組みを知った人たちから「20個ほど贈れます」といった申し出が殺到する中、松井さんは新たな提供分について「必要な数が判明し次第、受け入れたい」と理解を求めている。

 みなと小は6日に校舎が浸水し、7日朝にかけて孤立。がれきを撤去するなどして13日、ようやく授業を再開した。各地からの善意に、馬籠秀典校長は「本当にありがたい」と感謝している。

 クラブは2004年、インドネシア・スマトラ沖地震の被災者を支援するため、松井さんがタイ、フィリピン人の知人らと結成。15年からは中古のランドセルを市民らから集め、フィリピン・ルソン島の貧困地域の子どもらに贈る活動に取り組んでいる。

 問い合わせは松井さん(090・8406・6383)へ。

無断転載・複製を禁じます
1341652 0 ニュース 2020/07/15 05:00:00 2020/07/15 05:00:00 2020/07/15 05:00:00 寄付されたランドセルの状態などを確認する松井さん https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200714-OYTNI50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ