「九州プロレス」ファン交流会 28日オンラインで

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

オンラインイベントへの参加を呼びかける(左から)ばってん×ぶらぶら、野崎広大、めんたい☆キッド、桜島なおきの4選手(九州プロレス提供)
オンラインイベントへの参加を呼びかける(左から)ばってん×ぶらぶら、野崎広大、めんたい☆キッド、桜島なおきの4選手(九州プロレス提供)

 福岡市を拠点に九州各地で活動しているNPO法人「九州プロレス」が28日午後7時から、インターネットを使ってファンと交流する「オンラインファンミーティング」を初めて開く。新型コロナウイルスの影響で興行開催のハードルが高い中、レスラーたちは「たくさんの人に元気を届けたい」と意気込んでいる。

 ミーティングはビデオ会議システム「ズーム」を活用し、所属8選手が参加。福岡市のライブハウスで7月30日に行った設立12周年記念の無観客試合の動画を紹介しながら解説を加えるほか、ファンの質問に直接答える。

 九州プロレスは例年、50回程度の興行を開催するほか、高齢者施設の慰問や、不登校の児童・生徒を対象にした体力づくり指導などを行っている。しかし、今年は3月以降、新型コロナの感染拡大に伴い、活動のほとんどを取りやめざるを得なくなっている。

 レスラーでもある理事長の筑前りょう太さん(47)は「コロナ禍の中でも楽しんでもらえるよう企画した。選手がプロレスを追求している姿を知り、地域に対して持っている情熱を感じてもらう機会にもしたい」と話している。

 イベントの定員は300人。参加費は1人2300円。申し込みは九州プロレスのホームページ(http://www.kyushu-pro-wrestling.com/)から。

無断転載・複製を禁じます
1400318 0 ニュース 2020/08/11 05:00:00 2020/08/11 05:00:00 2020/08/11 05:00:00 オンラインイベントへの参加を呼びかける(左から)ばってん×ぶらぶら、野崎広大、めんたい☆キッド、桜島なおきの4選手(九州プロレス提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200810-OYTNI50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ