地元アイドル新たな挑戦 元LinQ・天野なつさん

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

アルバムを手に笑顔を見せる天野なつさん。「東京でも博多弁は変わりません」(福岡市で)
アルバムを手に笑顔を見せる天野なつさん。「東京でも博多弁は変わりません」(福岡市で)

 福岡のアイドルグループ「LinQリンク」の元メンバー、福岡市出身の天野なつさん(27)が、東京を拠点にソロ活動を始め、歌手として初のフルアルバム「Across The Great Divide」(アクロス・ザ・グレート・ディバイド)を発表した。作詞にも取り組んだ意欲作で、「新しい挑戦に注目してもらえたらうれしい」と語る。

 アルバムは6月17日にリリース。新型コロナウイルスの影響でライブ活動がままならない中、同月下旬に福岡市でイベントを行い、多くのファンの前で収録曲を歌い上げた。「温かく迎えてもらって、ほっとしました」と笑顔を見せる。

 2011年デビューのLinQの1期生として活動。足のけがでステージに上がれなかった時期も乗り越え、2代目リーダーとしてグループを引っ張った。そんな中、福岡の音楽プロデューサー・松尾宗能むねよしさんに才能を認められた。大きな魅力は<楽器の音にも負けないような存在感のある声>だ。18年6月にグループを卒業。以降、シングルをリリースするなどし、昨年末に上京した。

 アルバムは、ソウルミュージックなど多彩なポップ音楽を取り入れ、10曲で構成。松尾さんがプロデュースし、福岡で活動するミュージシャンたちが参加した。天野さんが作詞したのはうち5曲で、卒業公演に合わせて制作された「Restart」(リスタート)には、新しい世界に踏み出し、前を向こうとする人たちを後押しするメッセージを込めている。

 競争も激しい東京で活動を続ける原動力の一つは「福岡」と言う。「古里は強い味方。その存在があるから頑張ることができています。『福岡生まれの楽曲もすごいんだぞ』って伝えていきたい」

無断転載・複製を禁じます
1418181 0 ニュース 2020/08/19 05:00:00 2020/08/19 05:00:00 2020/08/19 05:00:00 初のフルアルバムを発表した天野なつさん。上京したが「博多弁は変わりません」と笑った(6月25日午後2時27分、福岡市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200818-OYTNI50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
2000円1900円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ