読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

小中全学級35人以下 来年度 福岡市教委、3密回避

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 児童生徒の新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、福岡市教委は2021年度、市立小中学校の全学級の人数を35人以下にする方針を決めた。教室内の人数を減らして「3密」を避ける狙いがあり、市議会定例会に提出した今年度一般会計補正予算案に関連事業費約4億6000万円を計上している。

 公立小中学校の学級ごとの人数は、国が小学1年は35人以下、その他は40人以下と定めているが、福岡市教委は独自に小学4年までと中学1年は35人以下にできるよう運用している。

 市教委によると、全学級を35人以下にした場合、全体の学級数が現在の4127から308増える見込み。これに対応するため、各校で少人数指導などにあたる「加配教員」を担任に充てるほか、プレハブ校舎の設置や教室の改修を進める。22年度以降については、感染状況が見通せないため未定としている。

 市教委は11日の市議会教育こども委員会で、「子どもが安心して登校できるようになるまで維持したいと考えている。教職員の配置については国に強く働きかける」と説明した。

無断転載・複製を禁じます
1471493 0 ニュース 2020/09/12 05:00:00 2020/09/12 05:00:00 2020/09/12 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)