新型コロナ かかりつけ医、相談先に 県が新外来体制を整備

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 県は23日、新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備えた新たな外来体制を明らかにした。感染の疑いがある場合の最初の相談先を原則、かかりつけ医などの地域の医療機関とし、県指定の「診療・検査医療機関」で診察や検査にあたる。

 県や医療機関の代表者らで構成する協議会の会合で県側が示した。それによると、感染の疑いがある場合、まずは身近な医療機関に相談。そこが県指定の医療機関であれば、そのまま受診し、可能なところは検査も受けられる。それ以外は指定医療機関につなぐ。

 夜間・休日に受診できる医療機関を探す場合などは、現在の「帰国者・接触者相談センター」から名称変更する「受診・相談センター」に連絡する。

無断転載・複製を禁じます
1573182 0 ニュース 2020/10/24 05:00:00 2020/10/24 05:00:00 2020/10/24 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ