読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

大牟田松屋をもう一度 市内で展示、当時の包装紙など40点

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

大牟田松屋ゆかりの品々を紹介する後藤社長
大牟田松屋ゆかりの品々を紹介する後藤社長

 2004年に閉店した大牟田市の百貨店「大牟田松屋」を懐かしんでもらおうと、同市不知火町の飲食店「ROOTH2―3―3」が、当時の包装紙や1960年代の広告チラシなどを展示するプロジェクトに取り組んでいる。24日まで。

 大牟田松屋は1937年に開店。屋上遊園地や食堂などがあり、石炭産業で栄えた街で市民の憩いの場として67年間にわたり親しまれた。

 「ROOTH2―3―3」運営会社の後藤倫社長によると、20~80歳代の来店客との会話で、松屋の思い出話がよく出てくるという。そこで、市内在住の服飾デザイナー中村アキヒロさん(35)と共同で「大牟田松屋ハレノヒプロジェクト」を企画し、来店客や元従業員らに展示品の提供を呼びかけた。

 店内に展示しているのは、屋上遊園地などの写真、赤や青のリボンのロゴが入った包装紙、店歌の歌詞カードなど約40点。当時のロゴを使って中村さんがデザインしたTシャツやトートバッグも販売している。

 14、15日には店内で、かつて松屋に出店していた菊水堂が、「あんトースト」と「食べるミルクセーキ」を80年代の価格の250円と400円(いずれも税別)で提供する。収益の一部は、市内で大規模な冠水被害が発生した九州豪雨の義援金として、市に寄付する。

 プロジェクトは今後も続ける計画で、後藤社長は「市民が恋い焦がれる松屋の再現に取り組みたい」とし、ゆかりの品々の提供を呼びかけている。

 午前10時~午後5時。水曜定休。問い合わせは「ROOTH2―3―3」(092・984・1131)へ。

無断転載・複製を禁じます
1621997 0 ニュース 2020/11/13 05:00:00 2020/11/13 05:00:00 2020/11/13 05:00:00 包装紙や広告チラシなど、松屋ゆかりの品々を紹介する後藤社長 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201112-OYTNI50016-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)