読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

玉虫装飾馬具 「国際性を物語る証拠」 古賀・船原古墳で有識者

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

記者会見で玉虫装飾の馬具について解説する西さん(右)
記者会見で玉虫装飾の馬具について解説する西さん(右)

 古賀市の国史跡・船原古墳で出土した玉虫装飾の馬具。国内初の発見に、記者会見に臨んだ有識者や市関係者からは、歴史的意義を強調する声や、今後のまちづくりに生かす意気込みが聞かれた。

 見つかった馬具は、馬の尻や胸を飾るペンダント状の装飾「杏葉ぎょうよう」。ハート形で、長さ10・4センチ、幅10・2センチ、厚さ0・7センチの状態で残っていた。

 古賀市で開かれた記者会見では、市教委文化課の西幸子さんが、馬具の構造や意義を解説した。

 杏葉の装飾に玉虫の羽が敷き詰められていたことについて、船原古墳の遺物調査などに助言する今津節生・谷山北地区遺跡群調査指導委員会会長(奈良大教授)は「装飾の材料としての玉虫は、国内では超一級、最高級の工芸品に使われている」と意義を説明。大陸との関係を示す遺物であることも指摘し、「日本の玄関口だった博多湾に近い古賀市で見つかったことは、この地の重要性、国際性を如実に物語る証拠だ」と強調した。

 田辺一城市長は玉虫が幸運を呼び込むとされていることに触れ、「世界の状況が厳しい中、社会に明るいメッセージを発することになる。今回の発見をこれからのまちづくりにもつなげていきたい」と声を弾ませた。

 ◇きょうから一般公開

 玉虫装飾の馬具は、14日から古賀市立歴史資料館で開催される「国史跡船原古墳展」(観覧無料)で一般公開される。12月20日まで(11月23日を除く月曜と、同24日は休館)で、開場は午前10時~午後6時。

 また、最新の調査結果に関する講演会が11月28日午後2時から、リーパスプラザこが交流館多目的ホールで開かれる。吉村靖徳・九州歴史資料館文化財調査室長が講師を務め、市教委文化課の西幸子さんの報告もある。定員80人(先着順)。オンラインでも視聴できる。申し込み・問い合わせは同課(092・940・2683)へ。

無断転載・複製を禁じます
1624880 0 ニュース 2020/11/14 05:00:00 2020/11/14 05:00:00 2020/11/14 05:00:00 船原古墳から出土した二連三葉文心葉形杏葉について解説する古賀市教育委員会の西幸子さん(13日午後3時20分、福岡県古賀市のリーパスプラザこが交流館で)=中山浩次撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201113-OYTNI50019-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)