読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

堀川運河400年 催し続々 中間唐戸 29日に土台見学

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

下部の土台などが公開される中間唐戸(中間市提供)
下部の土台などが公開される中間唐戸(中間市提供)
多数のノミの跡がある中間唐戸の土台(中間市提供)
多数のノミの跡がある中間唐戸の土台(中間市提供)

 中間市は、江戸時代に築かれた堀川運河が2021年に着工から400年になるのを記念し、遠賀川から取水のために設けられた水門「中間唐戸」(県指定文化財)の土台部分の見学会や、堀川沿いのライトアップなどのイベントを企画している。

 堀川運河は、治水や水上輸送などを目的に1621年に掘削が始まり、1762年に板の枚数で水量を調節する中間唐戸が完成し、開通した。

 中間唐戸の見学会は29日に開かれ、土台部分は中間唐戸下部を流れる川に入って見学する。市によると、このような中間唐戸の見学会は初めてという。土台の岩肌にある掘削の際に付いた多数のノミの跡を確認、触れることもできるという。

 募集は計40人。午前10時から5人ずつ案内する。参加無料。申し込みは20日まで。

 12月20日には「堀川ウォーキング」を開催。中間唐戸などがある堀川沿いを歩く。参加者にはお茶や、ぜんざいが振る舞われる。参加無料で定員は60人。申し込みは12月18日まで。

 12月19日~来年1月31日には、中間唐戸から下流に向かって堀川沿いの約500メートルにわたって、竹灯籠を並べ、川面には竹で作ったランプをつるす。

 同市生涯学習課の吉田浩之学芸員は「イベントを通じて運河が果たした役割や、工事の苦労を知ってもらい、地元への愛着を深めてほしい」としている。各イベントの申し込みや問い合わせは、同課(093・246・6224)へ。

無断転載・複製を禁じます
1631126 0 ニュース 2020/11/17 05:00:00 2020/11/17 05:00:00 2020/11/17 05:00:00 下部の土台などが公開される中間唐戸(中間市提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201116-OYTNI50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)