宿泊事業者に新たな補助 福岡市 対策の物品購入など

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 宿泊や食事の機会が増える年末年始や受験シーズンを前に、福岡市は宿泊事業者向けに新型コロナウイルス対策費の新たな補助制度を設けた。感染防止の物品購入費やレンタル料などを支援する。

 対象は市内の宿泊事業者。30万円を上限に、体温を測定するサーマルカメラや飛まつを防止するアクリル板といった物品の購入費やレンタル料などの2分の1を補助する。すでに、4月7日~5月6日の購入費などを対象にした市の補助を受けた宿泊事業者も、改めて申請できる。

 また、今年の台風10号で避難先として宿泊施設に予約が殺到したことを踏まえ、滞在客が安心して泊まれるようにするため、非常用電源装置や浄水の濾過ろか装置などの費用も補助する。

 受け付けは来年1月20日まで。通常、申請から1か月程度で支給される。問い合わせは市観光産業課(092・711・4353)へ。

無断転載・複製を禁じます
1636325 0 ニュース 2020/11/19 05:00:00 2020/11/19 05:00:00 2020/11/19 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ