読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

油須原駅旧事務室を開放 平筑鉄道 旧国鉄時代の機械も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

タブレット閉塞機の操作方法を説明する平成筑豊鉄道社員(左端)
タブレット閉塞機の操作方法を説明する平成筑豊鉄道社員(左端)

 平成筑豊鉄道(本社・福智町)は29日、赤村の油須原駅で、通常は閉鎖している旧事務室を無料開放した。かつて単線区間での衝突事故を防ぐために使われていた「タブレット閉塞へいそく機」も公開され、鉄道ファンや家族連れらが興味深そうに見入っていた。

 無料開放は、1895年(明治28年)の開業当時の外観が残る駅の魅力を広く知ってもらおうと、運転士の田代安里あさとさん(24)が発案。同社のインスタグラムで告知し、駅をテーマにした写真コンテストの表彰式と併せて実施した。

 タブレット閉塞機は、単線区間に複数の列車が入らないよう、駅ですれ違う列車間で交換した円盤状のタブレット(通票)を取り扱った手動式の機械。油須原駅では旧国鉄時代から、1991年に自動制御システムが導入されるまで使われた。

 平成筑豊鉄道は旧事務室を随時開放することにしており、次回は12月20日を予定している。

無断転載・複製を禁じます
1662344 0 ニュース 2020/11/30 05:00:00 2020/11/30 05:00:00 2020/11/30 05:00:00 タブレット閉塞機の操作方法を説明する平成筑豊鉄道社員(左) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201129-OYTNI50016-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)