読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

福岡の若手画家 作品展 大川で17日から

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福岡市の画家・中原未央さん(34)の作品展(読売新聞西部本社など後援)が17日から、大川市立清力美術館で開かれる。若手作家の作品を紹介する企画展「未来への視点シリーズ」の4回目で、3月14日まで。

 中原さんは福岡市生まれで、九州産業大大学院芸術学部研究科修了。写実絵画で、確かな描写力と細部まで描き込まれた重厚な画風は、独特の世界観を感じさせる。2016年に「FACE2016 損保ジャパン日本興亜美術賞」で読売新聞社賞を受賞。17年には中央画壇の「独立展」に初出品して最高位の独立賞を受賞した。今回は、100号Sサイズの作品「Inside―T(1」や200号の大作など約60点を展示する。

 一般300円、中学生以下と障害者手帳を持っている人は無料。月曜休館(祝日の場合は翌日)。2月21日午後2時からは、清力美術館で中原さんと県立美術館学芸員の藤本真帆さんによるギャラリートーク(定員10人)もある。無料だが、事前の申し込みが必要。

 問い合わせは清力美術館(0944・86・6700)へ。

無断転載・複製を禁じます
1771056 0 ニュース 2021/01/15 05:00:00 2021/01/15 05:00:00 2021/01/15 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)