読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

予約型 AIバス運行 宗像・日の里「のるーと」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 宗像市日の里地区で、人工知能(AI)を活用した予約型乗り合いバス「のるーと」の運行が始まる。市が同地区で取り組んでいる団地再生事業の一環で、3月1日から2年1か月間の実証運行を行い、持続可能な公共交通の確立を目指す。

 日の里地区にある「日の里団地」は九州最大規模の団地として栄えたが、まち開きから今年で50年となり、住民の高齢化や減少が進んでいる。地区内を運行している路線バスは、利用者減少による収支の悪化や運転手不足で今春の廃止が決まっている。

 「のるーと」は市が実施主体となり、タクシー会社「新星交通」「宗像西鉄タクシー」が乗客定員8人のワンボックスカーを運行する。地区内と地区外の商業施設、病院、複合施設の計65か所に乗降場所があり、利用者はスマートフォンのアプリか電話で予約。路線バスのような時刻表や決まった運行ルートはなく、予約状況に応じてAIが走行ルートを選択する。

 22日に現地で運行開始の式典があり=写真=、伊豆美沙子市長は「未来の公共交通で、団地再生の起爆剤になる」と語った。

無断転載・複製を禁じます
1862538 0 ニュース 2021/02/24 05:00:00 2021/02/24 05:00:00 2021/02/24 05:00:00 =写真= https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210223-OYTNI50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)