読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

博多松囃子 2年ぶりに

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国の重要無形民俗文化財「博多松囃子まつばやし」が3日、福岡市で始まった=写真=。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大で見送ったが、今年は参加者を例年の4分の1程度に絞って2年ぶりに開催した。4日まで。

 博多松囃子は福神、恵比須、大黒の三福神と稚児流が市中を回る中世芸能で、「博多どんたく」の起源とされる。連休中の恒例行事「博多どんたく港まつり」は2年連続で取りやめになり、今年は博多松囃子のみを実施することになった。医師の助言も受けて参加者を約200人程度に絞り、1か月前から検温を求めた。

 一行は3日早朝、同市博多区の櫛田神社を出発。企業や公民館などで「祝うたぁ」と祝いの口上を述べた。博多松囃子振興会の堀武志会長は「人々の熱意に支えられ、この日を迎えることができた。博多の街を元気づけたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
2028458 0 ニュース 2021/05/04 05:00:00 2021/05/04 05:00:00 2021/05/04 05:00:00 博多の町を練り歩く三福神など博多松囃子(3日午前9時43分、福岡市博多区で)=貞末ヒトミ撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210503-OYTNI50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)