読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ロボット接客で感染対策 春日に「やっぱりステーキ」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ロボットによる接客を導入した「やっぱりステーキアクロスモール春日店」
ロボットによる接客を導入した「やっぱりステーキアクロスモール春日店」

 春日市の商業施設・アクロスモール春日に22日、新型コロナウイルス対策でロボットによる接客を導入した飲食店がプレオープンし、多くの人が訪れた。

 沖縄を本拠とするステーキの全国チェーン「やっぱりステーキ」の70番目の店舗。入り口では人型ロボット「ペッパー」がメニューやこだわりを説明。テイクアウトして隣接のフードコートで食べる人には配膳ロボットが料理を運ぶ。人同士の接触を減らし、従業員の負担軽減にもつなげようと初導入。全国の店舗に広げることも検討するという。

 グランドオープンは25日。運営会社「ディーズプランニング」(那覇市)の義元大蔵・代表取締役は「今の世の中に合った接客や、飲食店ならではの仕掛けを含め、食事を楽しんでほしい」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2147160 0 ニュース 2021/06/23 05:00:00 2021/06/23 05:00:00 2021/06/23 05:00:00 人型ロボット「Pepper(ペッパー)」などが置かれた「やっぱりステーキアクロスモール春日店」 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210622-OYTNI50057-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)