読売新聞オンライン

メニュー

竹あかり 思いともす 全国一斉催し

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

あかりがともされた竹灯籠(香春町のJR採銅所駅で)
あかりがともされた竹灯籠(香春町のJR採銅所駅で)

 東京五輪の開幕前夜に全国各地で一斉に竹あかりをともし、地域や国を超えたつながりに思いをはせるイベントが22日夜に開かれ、県内でも小竹町、香春町、赤村などで「みんなの想火」と銘打って行われた。

 県内では、小竹町地域おこし協力隊の国房雅之さん(41)が中心になって企画。各地の協力隊員らがSNSなどで参加を呼びかけた。

 香春町の会場はJR採銅所駅舎。地元の協力隊員らが町内で切り出した竹で作ったり、イベント関係者から借りたりした大小70個の灯籠が並べられた。電球を点灯すると柔らかな光を放ち、幻想的な雰囲気に包まれた。

無断転載・複製を禁じます
2227656 0 ニュース 2021/07/23 05:00:00 2021/07/23 05:00:00 2021/07/23 05:00:00 あかりがともされた竹灯籠(香春町のJR採銅所駅で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210722-OYTNI50008-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)